2020年 7月19日 開催のワンマンライブ、延期のお知らせ

PROFILE

ありふれた迷いならば、迷う心のまま走り出せ
そして・・・走り続けろ
迷わずそのままで

和装侍系音楽集団MYST.

佳上哲也
(Vo)

米山典昭(Guiter)

二ノ宮史郎
(Bass)

佐々木しげそ(Drums)

佐々木しげそ
(Drums)

米山典昭
(Guiter)

chapi(Per)

chapi
(Per)

和装侍系音楽集団MYST. とは(わそうさむらいけいおんがくしゅうだんみすと)

「現代の音楽シーン」を主戦場にVo「佳上哲也」を核として結成された“激音楽団(Rock Band)”である。
日本人のDNAに眠る「侍魂」を鼓舞し、また構成員各々が胸に抱く様々な「想い」を実現するため、武具を楽器に換え、戦いを歌に代えて、TOKYOに居城を構え、活動する現代のSAMURAI集団。リーダー佳上哲也を「総長」に頂き、副長2名+他構成員をもって「和装侍系音楽集団」の体を成す。
 もちろんその体の通り、古流剣術・居合術、柔術、杖術などの古武術に精通した、有段者であるとともに、無類の歴史や時代劇に関する知識を併せ持ち、京都を本拠地とする「戦国魂」が東京進出の足がかりとして、渋谷DUOで開催した、戦国魂Live 2009に出演した際には、会場に集まった、世に言う「歴女」達を、豊富な歴史知識に基づくトークで、大いに唸らせ、喜ばせた。また、楽曲、演奏はもちろん、和服の着こなしや、鮮やかな刀捌きまでもが、観客はもちろん集まった各メディアからも絶賛された。
その後も、ワンマンライブなどの独自イベントの他、川中島での「歴史時代絵巻ながの」や京都での「太秦戦国祭り」など、歴史系イベントに出演を続けている。

MYST. are a Samurai rock band. Their performances are deep-rooted in Japanese souls, and passionately pursue the cross-fertilization of rock sounds and the Samurai spirit.
The band formed in 2003 when Tetsuya KAGAMI(Lv.) was inspired and motivated by the spirit of the
Shinsengumi, the Edo shougunate armed force in Kyoto, to introduce Samurai-minds to the contemporary Japanese rock music. Developing his skills as a song and lyric writer, Tetsuya has focused on the amalgamation of two cultures: the profound Samurai spirit and the explosive rock sounds. The Kimono costumes and the demonstration of sword-fighting also characterize their tempting stage.